トップへかごを見る
このページのPC版へ


原人ビビ(上)

石川球太
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 384頁 2005年4月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

動物漫画の鬼才・石川球太が描く太古の人間ドラマ

それは――生きるために殺し、食べるために殺す。 荒ぶる本能に支配された壮絶な戦いの記録である。 人類の祖先が耕作はもちろん定住することさえ知らず、獲物を求めて流れ歩いていた頃、白い牙と呼ばれる狩人の一族に、白い肌を持つ不思議な子供<ビビ>が生まれた。

やがて成長したビビは狩りの途中で、マンモスを追って北方からやってきた金毛の一族に出会う。それがすべての始まりだった。敵の捕虜になった母を救うため、一族の男たちを率いて戦うビビの運命は……。

昭和41年、小学館の「週刊少年サンデー」に連載した異色の原人マンガである。

目次

●上巻

「白い牙」族の白っ子	20
リンチ	38
狩りの作法	50
狩人の台地	68
よそもの	112
北の金毛族	127
北の王マンモス	157
なかまわれそして団結	172
奪還作戦	186
山火事	217
怒れる水	231
熊退治	244
白いマンモス	270
オレキバ	284
金毛族の襲来	310
巻末付録――とびら絵ギャラリー	364
※扉絵はすべての回を収録しています。

●下巻

さまよえる一族	5
オオツノジカ狩り	26
王座をかけて	66
悪い奴が生きのこる	105
ただ一人で	123
ビビの砦	140
冬将軍	158
オレキバ	198
皆殺しの雪原	211
シゴキ一族	227
勝利なき闘い	241
怒りと怒号	269
友情のきずな	310
対決	329
決着    355
最初で最後の……	371

初出一覧

1966年「週刊少年サンデー」31号〜51号 1967年「週刊少年サンデー」1号〜31号

復刊に寄せて――古代の少年


未来から今を見ると、今は過去。
過去から今を見ると、今は未来のひと刻だ。

"我らは何処より来たり 何処へゆくのか"

果てしない刻の流れの中に生きる、
古代という刻の中に生きる少年ビビの心。

それは、君の心のどこかにある。
ぼくの心のどこかにある。

現代を生きる君の心は一体何を求めているのか。

遠い未来が、遠い過去に
大きな時の輪になってつながっているのだとしたら、
原始の少年の旅はまだ終わっていない。

今につづく旅となって
現代につながっているのだ。

(文・石川球太)

著者よりのメッセージ



著者紹介


石川球太(いしかわ きゅうた)

横浜出身。代表作は――「ザンバ」「牙王」「野生犬サボ」「巨人獣」「ウル」
「狼ジンギス汗」など。動物や自然をテーマにした作品が多い。

ISBN4-7759-1036-1

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 石川球太

トップページへ