トップへかごを見る
このページのPC版へ


風のフジ丸(上)

白土三平, 久松文雄
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 2005年6月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

約40年にわたって、ファンが待ち望んでいた忍者アニメの名作マンガ版。ここに奇跡の初単行本化!!

時は戦国、非情の時代。
正義のために戦う1人の少年忍者がいた。
その名は、風のフジ丸!!

東映動画(現・東映アニメ)のテレビアニメ第二弾として、藤沢薬品提供の『風のフジ丸』が放映されたのは昭和39年のことである。前年、『鉄腕アトム』で幕を開けた国産のテレビアニメは、まだ海のものとも山のものともわからず、この年に放映開始した作品はたったの3本。その一つが〈忍者マンガの大家〉白土三平の作品をルーツに持つ『風のフジ丸』だった。

最近はマンガを原作にしてアニメがつくられるが、当時は逆に子供向けのテレビ番組は必ずといっていいほど、放映と同時にコミカライズを雑誌に発表するのが一般的。『風のフジ丸』も講談社の月刊誌「ぼくら」で、マンガ版の連載が始まった。作家はアニメ版のキャラクター設定にも関わった若干21歳の久松文雄。物語はアニメ同様、それを手にした者が天下を制すという「竜煙の書」をめぐり、風魔一族に育てられたフジ丸をはじめ、諸大名の忍者集団が血で血を洗う争奪戦を繰り広げる。木の葉隠れから火炎返しの術、十方手裏剣の乱れ撃ちなど、今や絶滅寸前にある忍者マンガの面白さを再確認してほしい。


●お客様の声

永い間の夢がかなって本当にうれしいです。完璧をめざす御社の姿勢は貴重です。時代性の成約や妥協でモノを作らないことこれからも続けていってください。[千葉県 K.F様]

著者紹介


白土三平(しらと さんぺい)

1932年2月15日、東京生まれ。紙芝居や指人形劇の舞台背景などを描いていたが、1957年
に貸本漫画の巴出版社から描き下ろしの単行本『こがらし剣士』でデビュー。権力
に逆らって生きる忍者や大自然、神話などをテーマにした作品で独自の世界を築く。
代表作は『忍者武芸帳』『サスケ』『忍法秘話』シリーズ、『カムイ伝』『忍者旋風』
『真田剣流』『ワタリ』『カムイ外伝』『シートン動物記』『狼小僧』『サバンナ』など多数。


久松文雄(ひさまつ ふみお)

1943年、名古屋生まれ。15歳のときに書き下ろし単行本でデビュー。テレビアニメの草
創期に彗星のごとく登場し、TBSの看板アニメ『風のフジ丸』『スーパージェッター』
『冒険ガボテン島』のキャラクター設定や原画を担当。同時に漫画家として、
「ぼくら」や「週刊少年サンデー」誌上で上記作品のマンガ版をリアルタイムで連載する。
他の代表作に、『史記』(講談社 原作/久保田千太郎)、『秦始皇帝』(文芸春秋 原作/久保田千太郎)、
『諸葛孔明』(講談社 原作/竹川弘太郎)、『武と魂』(リイド社 原作/李學仁)、
『項羽と劉邦』(文芸春秋 原作/久保田千太郎)、『春日局』(文芸春秋 原作/堀和久)、
『三夢伝』(新潮社 原作/李學仁)―など。

ISBN4-7759-1041-8

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 白土三平, 久松文雄

トップページへ