トップへかごを見る
このページのPC版へ


怪奇大作戦【影丸・中城版】

影丸穣也, 中城けんたろう, 円谷プロ
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 408頁 2005年5月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

誰だ! 誰だ!! 誰だ!!!
悪魔がさまよい歩く深夜の街角で今日も繰り返される恐怖の惨劇――。

昭和43年のテレビ放映時、「少年キング」に連載されたコミカライズ版が一挙に初単行本化!!

怪獣も巨大ヒーローも出てこない円谷プロの特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』。一見不可能に思える殺人事件の裏には、暗い情念を秘めた犯罪者によって仕掛けられた恐るべき科学の罠が……。『ウルトラQ』『ウルトラマン』『キャプテンウルトラ』『ウルトラセブン』と続くタケダアワー(日曜夜7時〜7時半、武田薬品提供の枠)第10弾は、怪奇と恐怖に満ちた犯罪トリックをめぐる物語だった。

テレビ放映の昭和43年、さながら各誌競作の状況になったコミカライズの中で、「少年キング」(少年画報社)連載のシリーズは、劇画タッチの画力で頭一つ突き抜けていた。今回は第一話から第4話の前半を描いた影丸譲也版に、それを引き継いで第8話まで担当した中城けんたろう版を合体。当時のシリーズを一冊に再現した!!


著者紹介


影丸穣也(かげまる じょうや)

昭和15年1月3日、大阪市生まれ。療養中に描いた探偵漫画『怪獣男爵』でデビュー。
日の丸文庫の貸本雑誌『影』を中心に活躍していたが、昭和38年に上京して本格的
作家活動に入る。代表作は、『ワル』『八つ墓村』『空手バカ一代』『白鯨』
『巨人のサムライ炎』『新書ワル』『Zeroレーサー』『けものみち』『野望球団』
『プロジェクトX 挑戦者たち 厳冬黒四ダムに挑む』『NHK大河ドラマ 義経』など多数。


中城けんたろう(なかじょう けんたろう)

昭和13年、高知県生まれ。手塚治虫、関谷ひさしのアシスタントを経て、「冒険王」
(秋田書店)に掲載の『ロボット狂時代』で漫画家デビュー。別ペンネームに、
中城健、中城けん、中城建雄がある。代表作は、『ウルトラQ』『キックの鬼』
『ボディガード牙』『紅の挑戦者』『カラテ地獄変』シリーズ、『四角いジャングル』
『劇画教祖物語』など多数。

お詫びと訂正

以下のとおり、表記に誤りがございました。お詫びして訂正申し上げます。
●P48: (誤)「うでがないぞ」→(正)「うごかないで」

ISBN4-7759-1044-2

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 影丸穣也, 中城けんたろう, 円谷プロ

トップページへ