トップへかごを見る
このページのPC版へ


まぼろし城〔完全版〕【上】

桑田次郎, 高垣眸
マンガショップ
B6判ソフトカバー 320頁 2006年3月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

復刊!! 45年の時を経て
現代によみがえる時代漫画の傑作!

将軍に馬を献上するため、旅をする桐作少年は
江戸の隠密・木暮月ノ介と「まぼろし武士」の
争いに巻き込まれる!

解説

1960年に講談社の「少年クラブ」で連載された漫画版『まぼろし城』は、
少年活劇小説の大家として活躍した高垣眸の原作。飛騨山中に伝わる
秘蔵の古地図をめぐって、正義の隠密と悪のまぼろし城主の戦いを描く
物語は、1936年(極東映画)、40年(日活)、56年(東映)と3回に渡
って映画化されている。また同名のテレビシリーズが1960年、64年、68年
と3度もつくられたことは、時代劇番組がいかに当時の視聴者に支持されて
いたかを示している。
「伴天連の妖術使い」「ドクロ仮面の武士」「謎の山岳民族」など――
伝奇ギミックを満載した『まぼろし城』。
そのコミカライズに挑んだ若干25歳の桑田次郎(桑田二郎)は、『まぼろし探偵』
『月光仮面』と立て続けに大ヒットを飛ばした直後であり、
独特のシャープなペンタッチに冴えを見せ始めた頃の隠れた名作である。

特別付録

『まぼろし城』扉絵集パート1

上巻初出

「少年クラブ」(講談社)S35年1月号〜7月号

●お客様の声

涙が出そうなくらい読みごたえに大感激しています。[京都府 K.N様]

著者紹介


桑田次郎(くわた じろう)

1935年、大阪府吹田市生まれ。13歳のときに青雅社から描き下ろしの単行本『奇怪星
團』を出版して漫画家デビュー。1957年、少年画報連載の『まぼろし探偵』(当初
のタイトルは少年探偵王)が大ヒットして最初のテレビ化。翌年、元祖和製ヒーロ
ーの『月光仮面』をコミカライズして、その人気は不動のものになった。1963年に
講談社の少年マガジンでスタートした『8マン』は、半年後にアニメ化されると空
前のブームを巻き起こし、平均視聴率は常に30%台をクリア。SFヒーローコミック
の第一人者にのし上がる。代表作は、『Xマン』『キングロボ』『超犬リープ』
『ウルトラセブン』『デスハンター』『怪奇大作戦』『ゴッドアーム』『エリート』
『黄色い手袋X』『ミュータント伝』『チベット死者の書』『釈迦の真言』――など多数。
現在は都会の喧噪から逃れ、自然の豊かな茨城県の大洋村に住まいを移している。
その硬質でシャープなペンタッチは衰えを知らない。


高垣眸(たかがき ひとみ)

1898年 広島県尾道市に生まれる
1920年 早稲田大学卒業
1925年 青梅実科高等学校(現都立多摩高校)に在職中「竜神丸」を執筆。以後作家に
1935年 怪傑黒頭巾 執筆(少年倶楽部)
1936年 まぼろし城 執筆(少年倶楽部)
1980年 地球三部作の執筆にとりかかる。
1983年 4月2日、老衰で千葉勝浦市の自宅で死去。85歳

単行本80冊以上、作品多数

ISBN4-7759-1084-1

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 桑田次郎, 高垣眸

トップページへ