トップへかごを見る
このページのPC版へ


キック魂【上】

梶原一騎, 南波健二
マンガショップ
B6判ソフトカバー 320頁 2006年3月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 12月17日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

主人公である沢村忠さんのコメント

『キック魂』の連載が始まった1969年は、
新生キックボクシングにとって最初に迎える黄金期。
当時26歳の私は、キックボクシングを世間に認めさ
せようと無我夢中で戦っていました。
その頃の出来事をドキュメントタッチで描いた
この『キック魂』は、まさに私の魂の記録です!!
──沢村忠

あらすじ

「タイ式に死すともやりぬく!!」
学生ナンバーワンの空手三四郎として知られる白羽秀樹は、
タイ式ボクシング=キックボクシングの普及に野望を燃やす
野口修と運命的な出会いをする。空手の強さを信じる白羽だったが、
野口の連れてきたタイ式ボクサーに惨敗!!
一人の若き空手家が世界の広さを知り、自分もキックの道を極めたい
と思ったとき、沢村忠という地上最強の鬼が誕生した!!

解説

60年代後半から70年代前半に掛けて、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ
キックボクシングブーム。そのリングには一人の国民的ヒーローがいた。
その名は――沢村忠。一撃必殺の真空とびヒザ蹴りを武器に、世界の強豪
を次から次に倒していったキックの鬼である。
最初に沢村忠がブレイクした1969年、老舗の月刊誌「少年画報」は
梶原一騎の原作によるドキュメントタッチの漫画をスタート。
それが後にアニメ化されて人気爆発した『キックの鬼』(中城けんたろう画)
という事実は誰でも知っている。実は当時、もう一つの『キックの鬼』とでも
いうべき作品が、同じ少年画報社の「週刊少年キング」に連載されていたこと
を憶えている者は少ない。すなわち梶原一騎のパートナーとして劇画家の
南波健二を起用した『キック魂』だ。どちらも沢村忠を題材にしながら、
本作品は週刊だったために進行のテンポがよく、『キックの鬼』に比べても
見劣りしない作品に仕上がっている。

特別付録

『キック魂』扉絵集その壱

上巻初出

「週刊少年キング」(少年画報)1969年16号〜32号

●お客様の声

梶原一騎先生の『キック魂』が復刻版で蘇って、すごくうれしかったです。サムライのような勝負に生きるキックボクサーの生き様がすごく熱く伝わってきました。

著者紹介


梶原一騎(かじわら いっき)

1936年、熊本県高森町生まれ。日本を代表する劇画原作者として活躍し、その人気は
他の追随を許さない。1987年、急性心不全のため、全国のファンに惜しまれつつ永眠。
代表作に、『チャンピオン太』『あしたのジョー』『巨人の星』『空手バカ一代』『愛と誠』
『朝日の恋人』『柔道一直線』『赤き血のイレブン』『柔道讃歌』『四角いジャングル』
『侍ジャイアンツ』『キックの鬼』『夕やけ番長』『タイガーマスク』『天下一大物伝』
『ボディガード牙』『プロレススーパースター列伝』『虹を呼ぶ拳』『男の星座』『恋人岬』―など多数。


南波健二(なんば けんじ)

1940年、東京荻窪生まれ。高校2年の時に貸本漫画の日昭館から描き下ろしの
単行本『荒鷲の決戦』でデビュー。その後、貸本漫画で数々のアクション劇画
を生み出す。代表作は『タックル猛牛』『アタックアクション』『ジャンプ獅子』
『黒バイ将軍』『豹マン』『アタックジョー』『キック魂』『われら9』『拳銃王子』
『処刑人ゴッド』『氷河民族』『球鬼が行く』『三銃士』――など。
アクションものをはじめ、スポーツ、冒険、青春、時代劇、お笑いと、作品の
テーマは多岐にわたっている。

ISBN4-7759-1087-6

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 梶原一騎, 南波健二

トップページへ