トップへかごを見る
このページのPC版へ


リングのタカ王

史村翔, 桑田次郎
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 400 2006年7月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 12月17日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

史村翔と桑田次郎がおくる無敵のプロレス漫画!!

父の仇を討つため“リングのタカ王”大和帝王は
影のプロレス軍団“サソリの城”に復讐戦を挑む!
唸れ! 必殺荒タカ落とし!!

解説

1975年に「月刊少年マガジン」で連載開始の『リングのタカ王』を
完全版として復刻!! 原作は史村翔――。後に新谷かおると組んで
『ファントム無頼』を世に送り出した名うてのストーリーテラーで
あり、一時代を築いた大物漫画家・桑田次郎との組み合わせで、
自身初の本格プロレス漫画に挑戦している。作中に実在のプロレス
ラーが登場したり、“虎の穴”を彷彿させる謎の組織が出てくるなど、
当時のプロレスファンや漫画ファンがニヤリとするようなポイントを
抑えている。後のアクション作品に影響を与えたかどうかはわからないが、
プロレス漫画の王道を満喫できる一級の娯楽作品に仕上がっていることは
間違いない。ここはタカ王の闘いを理屈抜きに楽しもうではないか!!

あらすじ

おれはリングのタカだ!! 大和帝王は陰謀にかかってリング上で殺された父と自殺に追いやられた母の
仇を討つため、日本プロレス界に復讐を誓う。
十年後……鍛え上げられた帝王の復讐がリングで始まった時、同時に父を殺
害した張本人「影のプロレス軍団」が日本プロレス界制圧を狙っていた……。

初出

「月刊少年マガジン」(講談社)
1975年2〜11月号

付録

リングのタカ王扉絵集

著者紹介


史村翔(ふみむら しょう)

1947年、長野県佐久市生まれ。自衛隊除隊後、本宮ひろ志のアシスタントを経て、
漫画原作者への道を歩む。現在も第一線で活躍中。主な代表作は『サンクチュアリ』
『ファントム無頼』『Dr.クマひげ』『右向け左』『パッパカパー』『リングの
タカ王』など。

桑田次郎(くわた じろう)

1935年、大阪府吹田市生まれ。13歳のときに青雅社から描き下ろしの単行本『奇怪星
團』を出版して漫画家デビュー。1957年、少年画報連載の『まぼろし探偵』(当初
のタイトルは少年探偵王)が大ヒットして最初のテレビ化。翌年、元祖和製ヒーロ
ーの『月光仮面』をコミカライズして、その人気は不動のものになった。1963年に
講談社の少年マガジンでスタートした『8マン』は、半年後にアニメ化されると空
前のブームを巻き起こし、平均視聴率は常に30%台をクリア。SFヒーローコミック
の第一人者にのし上がる。代表作は、『Xマン』『キングロボ』『超犬リープ』
『ウルトラセブン』『デスハンター』『怪奇大作戦』『ゴッドアーム』『エリート』
『黄色い手袋X』『ミュータント伝』『チベット死者の書』『釈迦の真言』――など多数。
現在は都会の喧噪から逃れ、自然の豊かな茨城県の大洋村に住まいを移している。
その硬質でシャープなペンタッチは衰えを知らない。


ISBN4-7759-1111-2

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 史村翔, 桑田次郎

トップページへ