トップへかごを見る
このページのPC版へ


石川球太短編集 魔山マウジンガ

石川球太
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 320頁 2006年12月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

今再び、冒険の扉が開く!!

不死身の一つ目巨人、巨大グモ、吸血植物など、
怪物たちが跋扈する秘境が怒涛のごとく君の前
に押し寄せる!!いざ旅立たん! 暗黒の大地へ!!
『象狩り』『黄金の虎』の二編を初単行本化

解説

1966年1月から「少年画報」で連載が開始された『マウジンガ』は
動物モノの雄 石川球太による秘境アドベンチャー作品である。
イギリスの冒険小説家 H・R・ハガードの傑作『ソロモン王の洞窟』
にモチーフを得ており、アフリカの奥地 砂漠の果てにある秘境を舞台
に、命がけの冒険を繰り広げる主人公に読者は引き込まれていくだろう。
今回はそれに加え、短編作品『巨象狩り』(原題:象狩り)と『黄金の虎』
の二編を加えた。石川球太の描く平穏な日常を破壊するスペクタクルを
楽しんで欲しい。

あらすじ

行方不明の兄を追い、アキラ少年はマウジンガを訪れるが、
そこには思いもよらぬ冒険が待っていた……。
石川球太の傑作冒険漫画が復刻の他、『象狩り』『黄金の虎』
の二編を初単行本化。
未知の世界へと旅立つ準備はいいか!?

著者よりのメッセージ



著者紹介


石川球太(いしかわ きゅうた)

横浜出身。代表作は――「ザンバ」「牙王」「野生犬サボ」「巨人獣」「ウル」
「狼ジンギス汗」など。動物や自然をテーマにした作品が多い。

ISBN4-7759-1136-8

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 石川球太

トップページへ