トップへかごを見る
このページのPC版へ


大空のちかい〔完全版〕【上】

九里一平
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 432頁 2007年9月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 12月17日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

『大空のちかい〔完全版〕』全3巻(上・中・下)発売中!

立ち読み(PDF 約1MB)

加藤隼戦闘隊、進発!!

撃墜王 加藤健夫中佐率いる少年航空兵が
名機“隼”を駆る航空戦記漫画!待望の復刻!!

あらすじ

大空せましと風のように飛びまわる 嗚呼“隼”戦闘機の雄姿!!
まるで“隼”に乗るために生まれてきたような少年 早房一平。
尊敬する加藤隊長のもと、腕を磨く彼ら“加藤隼戦闘隊”に
マレー半島への出撃命令が下される! 加藤隼戦闘隊 出動だ!!

解説

撃墜王と名高い加藤健夫中佐率いる“加藤隼戦闘隊”に所属する
主人公 早房一平。銃弾が飛び交う戦場で戦友や隊長の戦死に負
けることなく成長していく――。
1962年より「少年サンデー」で連載された『大空のちかい』は、
その前年「少年マガジン」でレーサー漫画『マッハ三四郎』を
大ヒットさせた九里一平による戦記漫画である。本作は主人公
一平の愛機“隼”に対する思い入れと、時として一平が敵の戦
車や戦闘機まで縦横無尽に乗りこなしてしまうシーンが、特に
力を込めて描写されている。これは前作『マッハ三四郎』の主
人公とオートバイの関係に似ており、九里一平は『大空のちか
い』をただの戦記漫画としてだけでなく、得意の乗り物漫画と
して描くことで他の戦記漫画と差別化を図りたかったものと推
測される。今回の復刻では、全ストーリーを収録して、[完全版]
とした。余談だが“加藤隼戦闘隊”は映画や軍歌になっている
有名な部隊でご存知の方も多いだろう。特に本編でも触れられて
いる軍歌“加藤隼戦闘隊”はカラオケでも歌える名曲だ。

上巻初出

「週刊少年サンデー」(小学館)1962年45号〜63年18号

●お客様の声

以前から『大空のちかい』という隼のマンガが九里一平氏によって書かれていたことは知っていました。今度マンガショップから出版されさっそく購入し読みましたがやはり最高です。メカニックや航空力学、部隊内容、人物画どれをとっても、今の若い漫画家にはとても表現できないリアリティーと熱血感動ヒューマニズムがあります。[徳島県 H.U様]

九里一平(くり いっぺい)

1940年、京都府京都市生まれ。兄である人気漫画家・吉田竜夫の作画手伝いをしながら、
60年代の少年漫画誌に数多くの作品を発表。代表作は――『マッハ三四郎』
『海底人8823(ハヤブサ)』『アラーの使者』『大空のちかい』『海洋少年隊』
『弾丸児』など。テレビドラマのコミカライズやラジオドラマになった作品も少な
くない。後に兄2人に誘われる形で、アニメ制作会社・竜の子プロダクションの設
立に参加。『科学忍者隊ガッチャマン』『昆虫物語みなしごハッチ』『新造人間キ
ャシャーン』『タイムボカンシリーズ』など数々の名作アニメを生み出し、1987年
にはタツノコプロの第三代社長に就任。2005年7月まで務めた。

ISBN 978-4-7759-1189-1

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 九里一平

トップページへ