トップへかごを見る
このページのPC版へ


弾丸トップ〔完全版〕

桑田次郎
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 336頁 2008年3月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 12月17日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

えっ!桑田次郎版 アトム !?

今回お贈りする桑田次郎初期ヒーローシリーズは
桑田版「鉄腕アトム」ともいえる弾丸トップだ!!

ホラーストーリー『朝は死んでいた』
冒険奇譚『地底にうごめく』
単行本初収録!

あらすじ

世界一と評されるパワーと正義の心をもつロボット“トップ”は
開発者の東博士、親友たけしと協力して、次々と現れる悪党ども
から地球を守りぬくことができるのか!?
世界最高峰ロボット“トップ”を利用し、世界を混乱に落とし入れ
ようとする空魔Z。海底魔城を本拠に大洪水を起こし、世界征服を
狙うサタンX。遠い宇宙から飛来し、ロボットに憑依する夜光怪人……。
敵はあまりに強大だっ!

解説

『弾丸トップ』は月刊誌「ぼくら」(講談社)に1958年1月号から
1年間に渡り連載された少年向けSF作品だ。作者は『まぼろし探偵』
『月光仮面』といった国民的ヒーロー作品を世に送り出した天才
マンガ家、桑田次郎!(本作は前述の2作品と連載時期が同じこと
から、発表当時の桑田次郎の凄まじい仕事量が推測される。)
手塚治虫風のタッチを採用したことや、心優しきロボットが世界の
平和を守る設定などからも桑田版『鉄腕アトム』とも言えるだろう。
シンプルながら飽きさせることのないストーリーをお楽しみ頂きたい。
また、未単行本化作品『朝は死んでいた』『地底にうごめく』の2編
も同時収録したので、そちらもお見逃しなく!!

目次+初出

『弾丸トップ』……P.3
「ぼくら」(講談社)1958年1〜12月号

『朝は死んでいた』……P.223
「週刊少年キング」(少年画報社)1973年3号

『地底にうごめく』……P.271
「ビッグマガジン」(秋田書店)1970年NO.3


著者紹介


桑田次郎(くわた じろう)

1935年、大阪府吹田市生まれ。13歳のときに青雅社から描き下ろしの単行本『奇怪星
團』を出版して漫画家デビュー。1957年、少年画報連載の『まぼろし探偵』(当初
のタイトルは少年探偵王)が大ヒットして最初のテレビ化。翌年、元祖和製ヒーロ
ーの『月光仮面』をコミカライズして、その人気は不動のものになった。1963年に
講談社の少年マガジンでスタートした『8マン』は、半年後にアニメ化されると空
前のブームを巻き起こし、平均視聴率は常に30%台をクリア。SFヒーローコミック
の第一人者にのし上がる。代表作は、『Xマン』『キングロボ』『超犬リープ』
『ウルトラセブン』『デスハンター』『怪奇大作戦』『ゴッドアーム』『エリート』
『黄色い手袋X』『ミュータント伝』『チベット死者の書』『釈迦の真言』――など多数。
現在は都会の喧噪から逃れ、自然の豊かな茨城県の大洋村に住まいを移している。
その硬質でシャープなペンタッチは衰えを知らない。


ISBN 978-4-7759-1228-7

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 桑田次郎

トップページへ