トップへかごを見る
このページのPC版へ


ハクション大魔王〔完全版〕

タツノコプロ
マンガショップ
B6判 並製本 288頁 2009年1月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
品切れのためご注文いただけません。 (発送可能時期について) Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!」

くしゃみで出てきて、くしゃみで引っ込む
ハクション大魔王が
魔法の力で大活躍でごじゃる!

タツノコプロ製作 名作ギャグアニメの
コミカライズ版を単行本初収録!

あらすじ

――アラビン・ドビン・ハゲチャビン!
くしゃみをした人がご主人様! 不思議な壷から飛び出した
大男は魔法を使う魔王だった!!

解説

1969年に講談社の「ぼくらマガジン」で連載された『ハクション
大魔王』は“アラジンと魔法のランプ”を独自にアレンジした
タツノコプロの代表作の一つである。同年にフジテレビ系でアニメ放送が
開始されており、これは現在も再放送されることがあるほどアニメ史
に残る名作だ。くしゃみをすると壷から現れるお人よしでドジな魔王、
魔王をこき使う(!?)ワガママなご主人様 カンちゃん、魔王の娘“アクビ
ちゃん”など個性的なキャラクターによるギャグドラマに子供も大人も
夢中になった。(なお、2001年にはアクビちゃんを主役にしたスピンオフ
作品『よばれてとびでて!アクビちゃん』が製作されている。)

今回は「ぼくらマガジン」連載のエピソードを完全収録。
〔完全版〕としてお届けする。
ユーモラスなハクション大魔王の活躍を見て欲しいでごじゃるよ!

初出

「ぼくらマガジン」講談社1969年1号〜70年17号

著者紹介


タツノコプロ

1962年に漫画家 吉田竜夫と吉田健二、九里一平の三兄弟を中心に
設立されたアニメーションの企画・制作プロダクション。設立当時は
吉田竜夫の漫画版権の管理が主な業務であり、辻なおき、望月三起也、
中城健、笹川ひろしらが参加している。65年にタツノコアニメ第一弾
『宇宙エース』が放送開始。以後、『マッハGoGoGo』『おらぁグズラだど』
『紅三四郎』『ハクション大魔王』『タイムボカンシリーズ』といった
傑作を数多く世に送り出した。なお『マッハGoGoGo』は2006年、アメリカ
で『スピード・レーサー』として実写映画化されることが発表され、2008年
夏に劇場公開された。また2007年には『科学忍者隊ガッチャマン』『ヤッター
マン』の実写映画化も発表されている。

ISBN 978-4-7759-1290-4

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: タツノコプロ

トップページへ