トップへかごを見る
このページのPC版へ


巨人16号〔完全版〕

桑田次郎
マンガショップ
B6判 ソフトカバー 336頁 2009年6月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 12月17日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

世界的陰謀団
邪悪な人工頭脳 VS ロボット探偵

弾丸も通さぬ鋼鉄の身体!!
作者得意の探偵アクションが炸裂する!!

続編『少年キング』も完全収録!!

あらすじ

ロケット発射局長の山田博士が世界的陰謀組織
“赤いこうもり団”に誘拐されてしまった!
博士救出のため、一人息子のあきら少年とロボット探偵
巨人(ジャイアンツ)16号は“赤いこうもり団”が潜む
宇宙ステーションへ乗り込むが――!?

解説

1958年に秋田書店の「冒険王」で連載が開始された
『巨人16号』は桑田次郎による科学探偵作品である。
少年探偵とアクションの組み合わせは、桑田次郎の得意と
するジャンルの一つであろう。桑田次郎は本作と同時期に、
代表作『まぼろし探偵』をはじめ『Xマン』『ベビーテック』
などを手がけていた。(あまりに多忙なため、一峰大二が
手伝いに行ったというエピソードがある。)今回は、連載終了後に
同雑誌で始まった続編『少年キング』も完全収録し、初の[完全版]
としてお届けする。アメリカン・コミックの如くスピード感溢れる
タッチに、桑田ファンならずとも必ず引き込まれることだろう!!

初出

『巨人16号』「冒険王」秋田書店 1958年1月号〜59年3月号
『少年キング』「冒険王」秋田書店 1959年4〜7月号

著者紹介


桑田次郎(くわた じろう)

1935年、大阪府吹田市生まれ。13歳のときに青雅社から描き下ろしの単行本『奇怪星
團』を出版して漫画家デビュー。1957年、少年画報連載の『まぼろし探偵』(当初
のタイトルは少年探偵王)が大ヒットして最初のテレビ化。翌年、元祖和製ヒーロ
ーの『月光仮面』をコミカライズして、その人気は不動のものになった。1963年に
講談社の少年マガジンでスタートした『8マン』は、半年後にアニメ化されると空
前のブームを巻き起こし、平均視聴率は常に30%台をクリア。SFヒーローコミック
の第一人者にのし上がる。代表作は、『Xマン』『キングロボ』『超犬リープ』
『ウルトラセブン』『デスハンター』『怪奇大作戦』『ゴッドアーム』『エリート』
『黄色い手袋X』『ミュータント伝』『チベット死者の書』『釈迦の真言』――など多数。
現在は都会の喧噪から逃れ、自然の豊かな茨城県の大洋村に住まいを移している。
その硬質でシャープなペンタッチは衰えを知らない。


ISBN 978-4-7759-1317-8

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 桑田次郎

トップページへ