トップへかごを見る
このページのPC版へ


宇宙エース〔完全版〕【1】

吉田竜夫
マンガショップ
B6判 並製本 336頁 2010年4月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

立ち読み(PDF 約1MB)

『マッハGoGoGo』『キャシャーン』『ガッチャマン』『タイムボカン』……。
みんなここから始まった!

タツノコプロ作品の原点が完全版となって復活!

収録

第一話「怪人ヒトデの陰謀の巻」
第二話「デビル彗星の巻」

あらすじ

〜第一話「怪人ヒトデの陰謀の巻」〜
宇宙の片隅に、天変地異によって滅びようとしている
パルームという星があった。パルーム星人たちは宇宙船団を組み、
新しい星を求め一斉に旅立つのだった。ところが、ワンパクな少年
エースは自分のイタズラが災いして宇宙空間に放り出されてしまう。
やがて、長い眠りから目覚めた場所は、なんと地球の海底だった!

〜第二話「デビル彗星の巻」〜
地球へ刻一刻と迫りつつあるデビル彗星。タツノコ博士の研究によ
ると、地球へ衝突すれば人類が全滅してしまう程の威力を秘めてい
るらしい。早速、子どもや老人を宇宙ロケットで別の惑星に避難さ
せる計画が進められるのだが、そのロケットを狙う悪の組織が出現!
人類を救うため、エースが立ち上がる。

解説

1965年5月から全52話にわたりフジテレビ系列にて放映された『宇
宙エース』は、数々の名作を世に生み出したタツノコプロの記念す
べきTVアニメ製作第1号だ。
ワンパクな宇宙人の少年、エースが次々と襲来するエイリアンや
怪獣たちから、勇敢に地球を守るこの物語は、エースの可愛らしい
姿と相まって男子だけでなく女子からも支持を獲得。提供スポンサ
ーだったカネボウの「ハリスフーセンガム」も、作中でエースがピ
ンチになるとフーセンガム型の宇宙食を食べる場面が登場し大ヒッ
トした。さらには、今井化学からはプラモデル、柴田ゴムからは運
動靴が商品化される程の人気ぶりであった。
また、この人気を影で支えていたのが、TVアニメ放映の前年か
ら「少年ブック」(集英社)にて連載をスタートさせた漫画版『宇
宙エース』であると言えるだろう。アニメ版に引けをとらない傑作
であるのは勿論だが、本誌の別冊付録の巻末には毎回「竜の子プロ
だより」というコーナーがあり、そこに載るアニメに関する最新情
報や、吉田竜夫からのメッセージを子どもたちは期待に胸を膨らま
せながら読んでいたのだ。
本書は、「少年ブック」1964年7月号から1966年の5月号までに連
載された漫画版の全話を収録した単行本である。アニ
メ黎明期に、スタッフの情熱が結実したタツノコプロの原点を是非
感じ取って頂きたい。

【1】目次&初出

P.3……第一話 怪人ヒトデの陰謀の巻
「少年ブック」(集英社)昭和39年(1964年)7月号〜9月号

P.201……第二話 デビル彗星の巻・前編
「少年ブック」(集英社)昭和39年(1964年)10月号〜11月号


著者紹介


吉田竜夫(よしだ たつお)

1932年、京都府京都市生まれ。挿し絵や絵物語の作家を志して上京。
当時の仲間に漫画家の辻なおきがいる。その後、漫画家に路線変更し、
1955年の『鉄腕リキヤ』で本格デビュー。60年代には週刊少年マガジン
連載の『チャンピオン太』(原作/梶原一騎)、週刊少年キング連載
の『少年忍者部隊月光』が次々にテレビドラマ化された。特に『忍者
部隊月光』(一部タイトル変更)は、全130話のロングラン放映の上、
映画もつくられるなど一大忍者ブームの火付け役になった。1962年、
弟の吉田健二や九里一平と共に設立した竜の子プロダクションは、
『宇宙エース』『マッハGoGoGo』『紅三四郎』『ハクション大魔王』
『破裏拳ポリマー』といった傑作を数多く世に送り出している。1977年、
日本の漫画史・アニメ史に大きな足跡を残し、世界中のファンに惜しま
れつつ永眠。


ISBN 9784775913710

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 吉田竜夫

トップページへ