トップへかごを見る
このページのPC版へ


マンガで解きあかす観音経

桑田二郎
マンガショップ
B6判 並製本 432頁 2010年7月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 12月17日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

解説

幸福は、一人の人間で実現できるものではない。

日本に伝わってから千数百年、まるで子どもだましの「現世利益」
のお経のように思われ続けてきた観音経には方便として、人として
知っておかねばならない大切なことがらが隠されていた――。
『8マン』『月光仮面』『まぼろし探偵』といった大人気作品を
世に送り出した著者が、瞑想を通して得たヴィジョンを基に観
音経に秘められた“生命の真理”を漫画という手法で解きあかす!

もくじ

はじめに……6
観音経のあらまし……8
観音ボサツとは?……25
七つの苦難のたとえ話……32
「火難」→内なる煩悩……35
「水難」→世の中の難儀……46
弱肉強食の世界→羅刹鬼の難……58
刀杖難→カルマの法則……64
鬼難→見えない次元について……73
枷鎖難→肉体という宿命……88
怨賊難→霊性の進化について……94
不幸とつながる三毒……109
二求両願の項……136
観音ボサツの功徳の意味……164
観音ボサツの三十三化身……182
意味深い珱珞章の意味……220
「偈」は瞑想意識へと導く呪文……254
観世音の誓願とは?……264
低我の感情について……282
世の中の狂った価値観について……290
他人の悪意に対して……308
因果応報について……316
邪念のエネルギーについて……336
異次元世界の意識について……343
死の意味について……372
観世音とは?……384
あとがきのような……417

1991年の朝日新聞に掲載された記事

桑田先生の壮絶な漫画家人生と般若心経への思いが書かれています。


著者紹介


桑田次郎(くわた じろう)

1935年、大阪府吹田市生まれ。13歳のときに青雅社から描き下ろしの単行本『奇怪星
團』を出版して漫画家デビュー。1957年、少年画報連載の『まぼろし探偵』(当初
のタイトルは少年探偵王)が大ヒットして最初のテレビ化。翌年、元祖和製ヒーロ
ーの『月光仮面』をコミカライズして、その人気は不動のものになった。1963年に
講談社の少年マガジンでスタートした『8マン』は、半年後にアニメ化されると空
前のブームを巻き起こし、平均視聴率は常に30%台をクリア。SFヒーローコミック
の第一人者にのし上がる。代表作は、『Xマン』『キングロボ』『超犬リープ』
『ウルトラセブン』『デスハンター』『怪奇大作戦』『ゴッドアーム』『エリート』
『黄色い手袋X』『ミュータント伝』『チベット死者の書』『釈迦の真言』――など多数。
現在は都会の喧噪から逃れ、自然の豊かな茨城県の大洋村に住まいを移している。
その硬質でシャープなペンタッチは衰えを知らない。

ISBN 9784775913901

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 桑田二郎

トップページへ