トップへかごを見る
このページのPC版へ


黄色い零戦

小沢さとる
マンガショップ
B6 並製 2015年7月発売
本体 1,800円  税込 1,944円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)
Tweet

今、紐解かれる
零戦誕生秘話!!

「一千馬力足らずのエンジンで
二千馬力級の能力を持つ戦闘機を造れ!」
開発主査 堀越二郎の
夢と情熱が克明に描かれる――。

解説

多くの航空兵を魅了し大空を舞った零式艦上戦闘機――通称「零戦」。
「イエロー・モンキー」と欧米列強から侮られた日本人が、日本人の力のみで
製造し世界の航空史に爪痕を残した名機だ。その開発者は低視力のため、
自ら操縦桿を握って飛ぶことのできない男 堀越二郎。大戦初期は無敵の
存在であり、末期には「神風」として散っていった「零戦」を飛べない男は
如何にして創りあげたのか!? 幼い頃、堀越二郎と出会った漫画家 小沢さとるが
「零戦」への憧れを込めて描きあげるノンフィクションコミックス!!

初出

『黄色い零戦<イエロー・ファイター>』
新潮社 1988年8月30日


著者紹介


小沢さとる(おざわ さとる)

1937年、埼玉県川口市生まれ。高校在学中に手塚治虫のアシスタント
を務めたことがきっかけとなり、1957年『ルミ死なないで』にて漫画
家デビュー。海洋SF漫画のパイオニアであり、1963年に発表した『サ
ブマリン707』、1966年に発表した『青の6号』は現在活躍中の多くの
漫画家・アニメーターに影響を与えており、どちらもCG技術を織り交
ぜ近年OVA化された。一方で、今井科学のプラモデル「ロボダッチ」の
キャラクターデザインやタカラ「チョロQ」の開発に携わるなど多方面
で活躍している。1986年アルビントフラーの著作『第三の波』を漫画化した。

そのほかのお薦め

この商品の著者による商品一覧: 小沢さとる

トップページへ